banner1_42470.gif

2010年10月29日

こどもがほしいから自宅で不妊治療E

1日も早く大切なパートナーとのこどもがほしいと不妊症の治療に励み、妊娠を今か今かと待ちわびていることかと思います。


今日は不妊症の検査に必要な費用をおおまかにご紹介したいと思います。


不妊症治療の検査のほとんどは、最初は女性が受けます。

当然、不妊症の原因は女性だけではない場合もありますので、男性も受けます。

こどもがほしいと思っているのは男性も同じですからね。

一般的な不妊治療には下記のようなものがあり、わかりやすく、金額も公開してあります。
(金額は病院や、地域によって異なりますので、あくまでも参考にして下さい)


■子宮、卵巣、膣の形態異常がないか調べる経膣エコー ¥4,000

■採血し、ホルモン異常、卵巣の予備能、クラミジアの有無を調べる、低温期ホルモン検査・クラミジア検査 ¥5,000

■造影剤を注入し、レントゲンで卵管の通過性や癒着の有無、子宮の形態を調べる、子宮卵管造影検査 ¥5,500

■採血し、ホルモン異常や子宮内膜症の程度などを調べる、高温期ホルモン検査・子宮内膜症検査 ¥6,000

■排卵期の子宮頸管粘液中の精子の運動状態を調べる、フーナーテスト ¥600

■精子の数、運動性などを調べる、精液検査 ¥2,000


上記のような検査があり、これらを受けるだけでも、約¥15,000ほどかかります。


実際この後治療を始めましょう、となるともっと高額になっていきます。


大切なパートナーとのこどもがほしい、妊娠したい、という気持ちは痛いほどわかります。


こどもは何物にも代えがたいものです。

妊娠するために高額な治療費や辛い治療も耐える価値は十分あります。


しかし、できることなら、費用もかけず、苦痛も味わず妊娠したいモノです。


出来る限り、その希望にこたえられるよう、こどもがほしいと本気で思っているあなたを最良の方法へ導いていきたいと思います。

次回は体外、体内受精の金額などについてお話していきたいと思います。
posted by 不妊治療Dr. at 00:00| Comment(0) | 不妊症の検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。