banner1_42470.gif

2010年10月28日

こどもがほしいから自宅で不妊治療D

結婚して、2年。

夜の生活もちゃんとあるのに、こどもがほしいのになかなか赤ちゃんができない。

このように、こどもがほしいのになかなか赤ちゃんが出来ないと、まず頭に浮かぶのは病院での不妊治療ではないでしょうか?

病院での不妊治療といっても、どんな病院でどんな治療を受ければいいのか全く分からいい・・・

レディースクリニック?専門病院?産婦人科? 大学病院?不妊治療センター?

期間は?治療法は?金額は?

場所は?近くなら何とかなるけど、近くにはなさそうだ・・・

一般的に評判の良い病院は、いつも予約でいっぱいです。

病院の評判は?自分に合っているのか、待ち時間はどうなのか、的確な診察と的確な指示を出してくれるのかなど、病院や担当医との相性が問題になります。

そうなるとますます、どこの病院へ行ったらよいのか分からなくなります。

不妊治療は風邪や怪我と違って、とても神経を使い、精神的にとても負担のかかるものです。

一般的には一度かかった病院とは、長期的にお付き合いすることも少なくありません。

治療するにあたって、信頼できる担当医じゃないと、一体何の治療をするのか、副作用は、痛みはあるのか、いつどんな形で治療していくのか、など色々な不安が出てくるのではないでしょうか。


病院での治療を決めたのなら、様々な方法を駆使して、まずは慎重に病院選びから始めなくてはいけません。

病院を決めたら、検査について調べていきます。


次回は頭に入れておきたい検査方法についてお話していきます。
posted by 不妊治療Dr. at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。