banner1_42470.gif

2010年11月16日

こどもがほしいから自宅で不妊治療K

これまで不妊治療のリスク、特に病院での治療に関するリスクを中心に取り上げてきました。

こどもがほしいと本気で思っている方には、お金の問題ではありません。

身体的、精神的に与えるリスクも全て承知の上かもしれません。

しかし、私は、こどもがほしいと本気で思っている方だからこそ、できるだけお金をかけず、
また、身体的にも、精神的にも余力を持って赤ちゃんを妊娠してほしいと思っています。


インターネットでは、不妊治療に関するさまざまな情報を容易に入手することができます。


しかし、その中から、これだ!と思って実行することもなかなか難しいのが現状だと思います。

だからこそ、まずは、できるだけ、お金をかけず、できる方法を実践してほしいと思います。


できるだけお金をかけずにできる方法は、自然妊娠です。


自然妊娠ができないから不妊治療を受けるか迷っているの!というお気持ちもわかりますが、
これから生まれてくるあなたの赤ちゃんのためにも、お金、体力、残しておきませんか?

次回からは、妊娠するための心得をご紹介していきたいと思います。
posted by 不妊治療Dr. at 05:00| Comment(0) | 不妊症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

こどもがほしいから自宅で不妊治療J

まず、はじめに、こどもがほしいと本気で思っている方だけ読んでください。


そうでない人は、このページを閉じてくださってかまいません。


不妊治療中は特に、神経が敏感になっていて、他人の何でもない言葉や態度に心が傷ついたりします。


「あれ?結婚して何年目だっけ?」

「年賀状がこどもの写真」

「うちのチビもう年長よ」

「友人の待ち受け画像がこども」

車に貼ってある「子供が乗ってます」のステッカー

結婚してない友人が「生理が遅れてるの、 妊娠してたらどうしよう」なんて相談された日にはどう立ちまわっていいのか・・・


こどもがほしいのになかなか妊娠できず、病院で不妊症の治療をしている方も多いと思います。

しかし、私は基本的に、これまでもこのサイトで言ってきたように、病院での治療はおススメしていません。

病院での不妊症の治療は、金銭面、精神面、肉体面、様々なリスクが伴います。

子育てにはお金や体力が必要です。

ですから、それらのお金や体力はこれから生まれてくるあなたのこどもに投資してほしい。
これが私の持論です。

なので、私がおススメする方法は、できるだけお金を使わず、病院に通うことなく、自分のペースで自宅でできるもので、こどもがほしいと思っている方の92%の方が実際に自然妊娠した方法です。


このブログで紹介してからも大反響を頂き、注文が殺到しています。



ここまで読んで下さったあなたは本気なのでしょう。

そんなあなたにぜひ実践してほしい方法は下記から手にすることができます。

この方法であなたは必ずママになれます↓


【不妊解消】
病院では教えてくれない 妊娠率92%の超妊娠法
ここをくりっくして下さい




posted by 不妊治療Dr. at 09:00| Comment(0) | 自然妊娠する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

こどもがほしいから自宅で不妊治療I

先回に引き続き、こどもがほしいと思っているのに、なかなか妊娠しない方へ向け、病院での不妊治療におけるリスクについてお話していきます。


私たちは毎日、顔を洗って、歯を磨いて、服を着て、ご飯を食べ、お風呂に入り、布団で寝ます。

これらは自然なことですが、全てお金が必要です。

水道代、電気代、食費、洋服代、雑費。

不妊治療を始める前に、金銭的リスクはしっかり把握し、しっかりした計画を立てた上で治療を始めないと、治療の途中で資金不足になったり、当たり前の生活ができないなどの問題が生じたりする場合もあります。

これでは、志半ばでせっかくの努力も報われません。

まずは、どのような治療があり、どのような治療にはどのくらいの金額が必要かをしっかり把握し、無理のない範囲で計画する事が必要です。

もちろん、検査結果によってで治療法は決まるのですが、自分の治療は、だいたいいくらくらいかかるものなのか、一般的な金額と、治療中の病院の金額を比較するのも、インターネットをで検索をかければ、簡単にわかります。

良心的な病院は、治療価格を公表しているところもありますし、実際に病院での不妊治療をされた方の体験談等で、いくらかかったと公表おられる方もいらっしゃいます。

しかし、治療は安ければいいというものではないので、治療自体の質を見極める力が必要になります。

一般的に、個人医院より大学病院の方が安く治療が行えるされていますが、全てがそうとは言い切れませんし、体内、体外受精などの方法によっても当然価格は変わってきます。


次回は具体的な金額を挙げ、こどもがほしいと本気で思っている方に向け、病院での不妊症治療にはいくらくらい必要なのかをお話していきたいと思います。

posted by 不妊治療Dr. at 08:00| Comment(0) | 不妊治療のリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。