banner1_42470.gif

2010年11月04日

こどもがほしいから自宅で不妊治療H

ここでご紹介している方法は、こどもがほしいと思っているがなかなか妊娠できず、不妊治療を行っている方には特に知ってきただきたい方法です。

さらには、下記のどれかに一つでも当てはまる方には、一刻も早く手にしてほしいと思います。

しかし、下記のどれにも当てはまらない方には意味のない方法ですので、このページを閉じてもらって構いません。

◆不妊治療を続けているのに妊娠できない方

◆病院での治療をするのをまだためらっている方

◆これまで病院で治療をしていたが妊娠できなかった方

◆できれば病院での治療ではなく、自宅でできる方法で自然に妊娠したいとお考えの方

◆いくら病院で治療したって自分のところには赤ちゃんなんて来ないと思っている方


もしも、上記のどれかに一つでも当てはまるなら、一刻も早くこの方法を実践されることをお薦めします。


友人が毎年送ってくるこどもの年賀状を見てうんざりするのは今年でもうやめませんか?


あなたは必ずママになれます。


この方法はあなたがあなたの赤ちゃんをその手で抱くための唯一の方法かもしれません。

次にこのページに来た時にはこの案内は終了しているかも知れません。

出合いは必然、勇気を持って先に進んでください。

誰よりもこどもがほしいと強く思っているあなたは必ずママになれます。


こちらからその方法を手にして下さい↓クリック

【不妊解消】
病院では教えてくれない 妊娠率92%の超妊娠法


posted by 不妊治療Dr. at 08:00| Comment(0) | 自然妊娠する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

こどもがほしいから自宅で不妊治療G

こどもがほしいと思っている人にとっては、不妊治療技術の進歩は、絶対に自分のこどもをこの手に抱くことができる!という希望をつなぎとめてくれるものでもあり、大変喜ばしいことであります。

今までの医学では、絶対に妊娠は無理だ、と諦めるしかなかっかもしれない状況が、不妊治療技術の進歩により、少ない確率かもしれないけど、妊娠の可能性が生まれた訳ですから、感謝しし希望を持ち続けていいきたいものです。


しかし病院での不妊治療は、特に女性の身体への負担、女性だけでなく、男性にもかかる精神への負担、金銭的負担、が大きいのも逃げようのない事実なのです。

ですから、病院での治療を始める前に、自分に降りかかってくるそれらのリスクをよく理解しておく事が大切です。

今後は、数回に分けて、病院での不妊治療によって与えるリスクについてお話していきたいと思います。


まず、一番最初に与えるリスクは、身体への負担です。


病院での検診後、それぞれの人に適正な治療法が実施されることになります。
治療法のうちの一つ、排卵誘発等を行った場合、特に女性側には相当の負担がかかることになります。

卵巣の調子が良くない、ホルモンバランスが狂うといった症状がみられるようになり、場合によっては、毎日のように注射を打たなければならないケースもあります。

このような身体的苦痛は、『やっと妊娠できる』という望みだけでは、我慢出来なくなる可能性もあります。

妊娠できるなら、それくらいの事は全く苦痛でない、と思われるかもしれません。

当然、痛みの感じ方は人それぞれちがいますので、他の不妊治療に関する体験ブログなどを参考に読んだところで、自分もその通りにいくものではありません。


不妊治療が与えるリスクは十分に理解したうえで、病院での治療を開始するのが望ましいと思います。

私は、不妊で悩まれている方には、病院での治療よりも、より確実性の高い、自宅でできる自然妊娠する方法をおススメしています。


今後は、病院での不妊治療のリスクをご紹介していくので、是非参考にされてください。
posted by 不妊治療Dr. at 00:00| Comment(0) | 不妊治療のリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

こどもがほしいから自宅で不妊治療F

この記事は一定の期間を持って削除しますので、次にこのページへ来た時にはもうなくなっているかもしれませんのでご了承ください。


1日2回15分ずつあることをしただけで、今まで不妊に悩んでいた92%のもの人が自然妊娠した方法をご存知ですか?

こどもがほしいからやっている不妊治療のはずなのに、逆にそれがストレスになって不妊の原因になっていませんか?

これまでご紹介してきたように、女性が行う検査の中には、触診などもあるため精神的苦痛を感じたり、生理不順・ホルモンが弱い方にはクロミッドと筋肉注射など、痛みを伴うのもありますし、期日を指定されるものが多いので1〜2回で終わるものではありません。

治療法や支給される薬によっては副作用の出るものもあります。

一方、男性側の原因を突き止めるための検査は、ミトコンドリア形成不全症などの精子の発育不全や無精子症などを調べるため、「精子そのものを調べる」ことになるので、病院でマスターベーシ ョンをして精子を提出するのが通常です。

この方法に抵抗のある男性はとても多いのです。

また、タイミング治療と呼ばれる、検出した排卵日から、この日にセックスをして下さいと、医者から指定される治療法が長期間続いたことで、男性がセックス恐怖症になった症例もあるそうです。


不妊治療にかかる費用は、病院や検査内容により様々ですが、平均すると100万円前後といわれています。

体外、体内受精などの高度生殖医療を受けようとなると、1回だけで数十万、あっという間に100万円を超えてしまいます。

不妊治療は交通費、治療費など様々な出費がかさみ、数百万円以上は費やすことも珍しくありません。


このように、病院で不妊治療を受けるということは、 経済的ダメージだけでなく、女性だけでなく男性も精神的にも肉体的にも疲労、苦痛が大きいのです!

病院に通えない、通わない方は、そこには、金銭的な問題や、近くに評判の良い病院がないこと、仕事で忙しく通うことができない、周りの人に知られるのが嫌、などの理由があるのかもしれません。

ストレスを感じず、できるだけお金もかけずに、自宅で自然妊娠できたら最高だと思いませんか?

これから生まれてくる赤ちゃんのためにも、体力もお金をも残しておきませんか?

あなたの手であなたの赤ちゃんを抱き締める日はすぐそこまできています。

1日2回15分ずつあることをしただけで、今までこどもがほしいのに不妊で悩んでいた92%のもの人が自然妊娠した方法をご紹介します。



下記画像をクリックしてください。

この妊娠法では92%という高確率であなたとご主人の大切な赤ちゃんを身ごもることが可能です↓

【不妊解消】病院では教えてくれない 妊娠率92%の超妊娠法
こちらをクリックしてください↑



posted by 不妊治療Dr. at 14:52| Comment(0) | 自然妊娠する方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。